出刃

出刃包丁とは

出刃包丁は魚の首を落とし、三枚おろしにするために設計されている。魚の骨を切るために他の包丁と比べて重くなっています。

形状は、刃の幅が広く厚みがあり、多くは刃元にかなり鈍角な刃を持っています。

大きさは様々であり、使う対象によって使い分けを行うと良いでしょう。

小さく薄手のものは鯵(あじ)切り包丁とも呼ばれます。

一般的には片刃であるが、地域により両刃のものや、刃の幅を少なくしているもの、また切刃を広くしているものなどもあります。














English